オルリガルはゼニカルと同じ成分

オルリガルは抗肥満薬に開発されたジェネリック医薬品で、摂取した食べ物の脂肪分を30パーセントカットします。
オルリガルはゼニカルと同じ成分であるオルリスタットが配合されています。
オルリスタットは、リパーゼの働きを抑えるため、食事で摂取した脂分をそのまま体外へ排出します。脂肪分が体内に吸収されないため、食事量を減らさずにダイエットしたい人向けの薬です。食事量を減らす必要がないため、ストレスによるリバウンドの心配もなく、脂分分解後の成分と結合して体外へ排出されるため、副作用も少ないのが特徴です。
オルリガルは、脂分を体外へ排出する効果がありますが、脂溶性ビタミンをも一緒に排出してしまうことから、ビタミンA・D・E・Kが不足しがちになります。
これを解消するため、マルチビタミンを使用することで栄養を補うようにします。
服用方法としては、1日3回、1回1錠を水と一緒に食事中または食後1時間以内に服用しますが、大量摂取は禁止されています。
オルリガルは、排便の回数が増える、オナラが出やすくなる、排便時に油や脂分が出るなどの副作用があります。これらの症状は治療の初期に起こりやすく、身体に害を与えるような症状はなく軽微で済みます。